サポートレジスタンスの活用方法(サポレジ転換)

FX初心者講座 サポートレジスタンスの活用方法(サポレジ転換)

 

今回は、サポートレジスタスの活用方法(サポレジ転換)です。

 

一度、割れたり抜けたりしたポイントは、すぐに線を消してしまう事はせずに残しましょう。

 

意識されやすいポイントには変わりはないです。

 

上昇時は、サポートとして機能する事もあり
下降時は、レジスタンスとして機能する事があります。

 

これがサポレジ転換です。

 

 

市場参加者もどこでエントリーするかを見極めています。
過去に機能したポイントでエントリーを仕掛けてくるトレーダーも多いの消さずに残しましょう。

 

水平線を引くのに正解はないので、何度も引く事により精度が高くなります。
完璧な線を引く事は不可能なので、最初は大雑把に引いて、どのようにチャートが動くかを検証しながら分析しましょう。

 

では動画をご覧下さい。

 

 

いかがでしたか?

 

線を引くと相場の見方が変わります。
更に、過去に止まったポイントも残す事で、エントリーもしやすくなります。

 

ただ、あまり書き過ぎるとゴチャゴチャなチャートになりますので、その辺は何度も引いてみて自分なりに分析してみましょう。

 

こればかりは、書いて書いて書きまくって、自分なりに機能しそうなポイントを厳選して精度を上げていきましょう。

 

記事がお役にたてることを事を願っております。
クリックして頂けると幸いです!

 


人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ
にほんブログ村

 

 

 

ご意見や質問などありましたら、お気軽にどうぞ!!
お問い合わせフォーム

 

 

 

合わせて読みたい関連記事

 

FX初心者講座 サポート・レジスタンス(水平線)注意点
FX初心者講座 サポートレジスタンスの引き方

関連ページ

FX初心者講座 サポートレジスタンスの引き方
FX初心者講座テクニカル分析の基本、サポートレジスタンスの引き方説明になります。チャートに水平線を引く事によりチャートポイントが見えてきます。
FX初心者講座 サポート・レジスタンス(水平線)注意点
FX初心者が陥りやすいダマシ。サポレジをしっかりと描き、ローソク足の実体の抜け方をしっかりと判断出来れば回避する事が出来ます。
FXトレード手法説明
FXトレード手法は、波動(値幅)、サポート・レジスタンス、時間足の相関関係などを活かしつつ、基本的な押し目と戻りを狙う順張りトレードです。ダウ理論をベースに一目均衡表の基本理論である波動・値幅・時間を大切にしています。
FXプロトレーダーの目線を身に付けよう
FXプロトレーダーとしての目線を身に付け、根拠のあるトレードを行いましょう!ファンダメンタルは利用されているだけで、結局は相場が行きたい方向へ進んでいきます。
サラリーマン、主婦にはスイングトレードがお勧め
サラリーマン、主婦はデイトレスキャルより、スイングトレードがお勧めです。落ち着いたエントリーとイグジットが出来、時間が拘束されにくく、相場が動けば安定して稼ぐ事が出来ます。
FXスイングトレードのメリットとデメリット
FXスイングトレードのメリット、デメリットです。メジャー通貨もマイナー通貨も関係なく、どの時間足でもトレンドが発生します。シナリオを組み立てエントリーからイクジットまでを行いましょう。

最新記事

メルマガの登録はコチラ

プロフィール

質問や感想はこちら!

免責事項


トップページ 初めての方はこちら FX初心者コンテンツ メルマガ登録 お問い合わせ サイトマップ